9月の下旬、小さな町で秋祭りに出会いました。
        色々な露店が町の中央道路に出店し、中には、こんな乗り物があります。

        言わば、生きた本物の、メリーゴウランドです。
        アメリカ人がメリーゴウランドが好きな訳は・・・・ここにあるようです。














HAYWARD の町はずれで、こんな魚に出会いました。
もちろん本物の魚ではありません。コンクリート製です。
淡水魚釣り博物館、の展示物です。
博物館には、釣りに関する全ての歴史的品が展示されています。
釣りキチには必見のところです。

HAYWARD は、国道94号から53号を北上し、 州道63号線を東に入ったところです。




ウ イ ス コ ン シ ン 州





州境の看板。なんとも立派です。
しかし、残念なことに、日本からの観光客には興味のある観光ポイントがありません。
柱に書かれているのは、「農業」「工業」「レクリエーション」



                              






    考えることは誰でも同じなのか・・・・・
    観光客を呼ぶには、ギャンブル場を作ることがいいようです。
    しかし、西隣のミネソタ州にも、過疎地に、ギャンブル場がありますから、
    半端なことでは客は呼べません。

    そこで登場したのが、ELVISです。
    スクラッチ・カードで、ELVISグッズやゴールデン・レコード あるいは
    グレースランド(テネシー州のELVIS邸)ツアーが当たります。

    ギャンブルの賞金だけでは、過疎地のカジノはやっていけないのでしょう。





   






    ウイスコンシンたくさんの川と湖があり、釣りやボート遊びができます。
釣りをするにも、ボート遊びをするにも、マイボートが必要です。
貸しボートや釣り宿は、ほとんどありません。遊園地を除いて・・・

   で、自分のボートを持って(車に乗せて)行くのですが、ボートを川や湖に
    下ろすのが大変です。駐車場や傾斜路がなければボートは下ろせません。

どこでボートを下ろせるのか・・・・・道路に標識が出ています。
LANDING、着水ですが・・・上陸という意味もあります。



  



      









SESQUICENTENNIAL とは150年祭のこと。 1848年に州となったことが書かれています。






ウイスコンシンに観光ポイントはないとは言え、その気になって走っていると、 色々なところが目に止まります。
ここはチーズ工場。内部は撮影禁止でしたので、表の看板だけですが・・・




これは、小さなワイナリー。
10種類近くのワインを試飲しました。地元のチーズをつまみながら・・・・

はい、飲み過ぎ。飲酒運転でした。



   増殖予定です

州の選択に戻ります