バ ー ジ ニ ア 州 

   

州境の歓迎板がフラッシュで反射してしましました。見づらくてすみません。






日本の田舎道のようです。
土を盛り上げたところを簡単に舗装しただけの道路、
道路の先は大きくカーブして、その先は山。
そして、乱暴な仕上げの路肩と電柱。
バージニアの郊外は日本を思わせる何かがあります。

電線に鳥が止まっているように見えるのは、画像を圧縮した際の歪みです。






田舎道を走っていたら、Booker T. Washington の記念館がありました。
彼は、アメリカ人なら「多分知っている」、日本人なら「多分知らない」19世紀後半の黒人の教育者です。
彼が育った環境を記念館として残したものです。

これは、記念館の敷地の一角にあるキャビン。




     

        バージニアの北西部には鍾乳洞がたくさんあります。
        驚かされるのは、それらが民営であること。
        日本の「龍河洞」や「竜泉洞」がどうなっているのかよくわかりませんんが、 ここでは、民営・・・・すなわち私有地の鍾乳洞です。
        日本でしたら、天然記念物に指定されて、公的管理を受けていることでしょう。

        ここは、LURAY CAVERNS 
        日本ではなかなかお目に掛かれない鍾乳石群です。
        鍾乳洞の中をきれいに写すのは難しいので、パンフレットから画像を拝借しました。


   増殖予定です

州の選択に戻ります