デリケートアーチの前は、風が渦を巻いて掘り下げたのであろう大きな窪みになっています。
端的に言えば、デリケートアーチの前の窪みは中華鍋、そして、デリケートアーチはその鍋の取っ手です。

このアーチの側で、高所恐怖症の日本人青年に出会いました。
彼もアーチを見るために5キロの山道を歩いてきたのですが、たどり着いて、目前の深くて大きな窪みを直視することができなかったのです。窪みはそれほどの大きさと深さがあります。
あの青年は今、どうしているでしょう??(尋ね人)





車でその塩の平原に入りますと、タイヤに塩が絡みます。

また、そこを歩けば、雪のように、スニーカーに塩が張り付きます。


この塩の平原は、インターステーツ80号線を西に、ネバダ州との州境の手前を右に入ったところです。









アーチーズ国立公園(Arches National Park)
アーチ門の形をした岩が点在する国立公園です。
岩がこのようにアーチ型になるのは、砂岩であることと風などの自然の力によるものです。








これは今にも崩れ落ちそうな、ランドスケープアーチ。以前はこのアーチの下に自由に入ることができたのですが、崩落の危険が出てきたので、現在は入れません。






「アーチとは何か」との定義があるようですが、ここでは、岩に大きな穴が開いていれば「アーチ」と呼ばれているようです。
そして、アーチが崩れた後は・・・・このような奇岩になるようです。




アーチーズN.P.のメインはデリケートアーチ。ガイドブックや旅行のパンフレットに掲載されるアーチです。

アーチの下に小さく見えるのが人です。




レインボーブリッジ・ナショナルモニュメント(Rainbow Bridge)
 ユ   タ   州 


岩に穴が開いたのが・・・・アーチ・・・
ならば、これはアーチではないのか・・・・そんな疑問が生じます。
定義は色々あるようですが、水流が作った岩穴をブリッジと呼ぶようです。

レインボーブリッジへは、アリゾナ州北端のペイジ(Page)から湖上を船で行きます。
陸路からのアクセスは厳しいです。
なぜこんな岩が出来たのか、なぜこんなところにあるのか、アメリカは凄い国だと思ってしまいます。


   







先ずは、ユタ州の州都ソルトレイクシティ(Salt Lake City)から。
・ソルトレイクシティはモルモン教の総本山のある都市。
総本山があるのは市の北方ですが、そこを中心にして道路の区画番号が付されていて、総本山が市の中心となっていることが分かります。



モルモン教の総本山がある一角は「テンプル・スクエア」と呼ばれ、一般に公開されています。
日本の寺院のように拝観料を取るようなことはありません。希望すれば、案内に出ている信者がテンプルスクエア内を無料で案内してくれます。(本堂は信者のみ)

上は大礼拝堂のパイプオルガン、右は小礼拝堂。







・ソルトレイクシティ南西の郊外にあるのが、ビンガム銅山(Bingham Canyon Copper Mine)
確かに銅山で、近づくに従って山道になるのですが、銅山の上からの様子はこの通り。
山を鉢のように掘り下げて採鉱する露天掘りなのです。直径4キロ、深さ800メートル、世界最大規模の露天掘りです。

桁違いのアメリカを見るのはここです。どこまで掘り進むのか・・・・ダンプカーがミニカーのように見える展望台には、そのダンプカーのタイヤが展示されています。
タイヤの直径は、日本人の背丈の2倍程もあります。







ユタ州からの、逆光のモニュメントバレー



ソルトレイクシィテイの名称の基となっているのは、グレートソルトレイク
単純に訳せば「大塩水湖」。市の西側に大きく広がる湖です。
塩分の多い湖ですが、その一部は干上がって、塩の平原になっています。
   

・ユタ州の見どころはたくさんあり、どこから紹介していいのやら迷います。


そして、これはデリケートアーチを遠方から見た様子です。
高い岩の上が風などに削られて、色々な形になっています。


プライスキャニオン国立公園(Bryce Canyon National Park)
隆起した大地の端が浸食され、束ねた鉛筆状になっている・・・・と言えばいいのでしょうか、鉛筆のように先が細くなった土柱の群です。
プライスキャニオンを見ると、アメリカは広いなーと改めて思います。
なぜこんな地学の教科書のような地形がここにあるのか・・・・・アメリカは凄いです。



州の選択にもどります

モニュメントバレーは、ユタ州とアリゾナ州をまたいでいます。

アリゾナのページをご覧下さい。