<レンタカー>
アメリカの観光に絶対必要なのはレンタカーです。
こう言いますと、「異国の地でレンタカーを運転できるのは限られた人だ。レンタカーでの観光は例外中の例外ではないか。それは贅沢な旅行だ」と言われてしまいます。
確かに、アメリカでレンタカーを借りて運転するにはそれなりの知識と運転技術が必要です。ですが、レンタカー無しでアメリカを観光することはできません。
大都市内では市内バスで移動して観光することが可能ですが、都市部を離れたら、バスを利用して移動したとしても、鉄道を利用したとしても、バス停から先や駅から先を歩いて回ることは・・・広すぎて・・・できません。
レンタカーの利用は例外でなく、必須です。

hertz





<入国審査と税関>
アメリカに着いて最初にすることは、入国審査と税関申告。
多くの飛行場では、飛行機を降りる>入国審査を受ける>手荷物を受け取る>税関審査を受ける>出口
という順序になりますが、一部の空港では(サンフランシスコなど)、手荷物を受け取ってから入国審査を受けるところもあります。





<レンタカーを借りる>
・小さな空港では、税関や搭乗ターミナルの出口を出た所にレンタカー会社のブース(事務所)がありますので、そこで車を借りるチェックアウトの手続き(ホテルとは逆で、車を借りることをチェックアウトと言います)をし、ターミナルの駐車場に止めてあるレンタカーに向かいます。

・大きな空港では、ターミナルを巡回しているレンタカー会社のシャトルバスに乗って空港外のレンタカープールに行き、そこでチェックアウトの手続きをします。
シャトルバスはレンタカー会社がそれぞれ独自に運行しているのが基本ですが、サンフランシスコなどでは、共同運行されています。

・Hertzの#1ClubGoldメンバーになり、日本で予約しておくと、チェックアウトの手続き無しで、直接レンタカーに乗り込むことができ便利です。





<いざ出発>
車のトランクにスーツケースを入れたら・・・出発です。
いえ・・・慌ててはいけません。
出発の前に、座席の位置、ハンドル(ステアリング・ホイール)の高さ、バックミラーの角度などを調整し、ウインカー、ワイパー、ヘッドライト、カーラジオなどを操作してみる必要があります。慣れない車ですから、当然のことです。
ガソリンを入れる口がどちら側にあるのかなども自分の目で見ておく余裕が欲しいものです。

      
ただ、運転席の計器板を見ると、燃料計のところに、FUEL DOOR(給油口)がどちらにあるかは表示されています。



・アメリカの車は、右側のサイドミラーの視野が広くなっています。
左のサイドミラーやルームミラーと同じ感覚で見ると、後方の車がより遠方に見えるので注意が必要です。

     左    中    右


   右側のミラーの下に、薄く、小さく書かれているのがこれ。

              右
           『実際の車は、鏡で見るよりも近くにあります』・・・実にアメリカらしい注意書きです。





<右側走行>
・アメリカは右側走行です。 ハンドルは左側です。右ハンドル車はありません(例外:郵便配達車には右ハンドルがあります)。

郵便車

日本でハンドルが左に付いている欠陥車 (これほどの欠陥車はないと思います) に乗っている人には違和感はないかも知れませんが、左ハンドル車の運転席に座ると不思議な感じがします。

・慣れるまでカープール内を走ってみるのも一つの方法ですが、カープール内では対向車がありませんので、実践向きではありません。

・最初は車に慣れて右側走行に慣れることが重要ですから、初めから地図通りに走ろうとしてはいけません。道を間違えたって大した問題ではありません。高速道路に入っても直ぐに出られますし、ほとんどの高速は無料です。車と運転になれてから地図を見るのがいいでしょう。

・道路を真っ直ぐに走る分には、右側走行に問題はないでしょう。
トラブル(勘違い)が生じるのは、右折や左折をする時です。

gs
・右折は比較的簡単です、右側から右側に折れればいいのです。ですが、左折では注意が必要です。
左折した時、(日本での走行習慣から)道路の左側に入ってしまうのです。
これは、注意する以外に対処する方法はありません。「右側、右側、右側」とつぶやきながら左折するといいでしょう。


・一方通行路から対面通行道路に左折する場合、広い道路から狭い道路に左折する場合、駐車場から左折で出る場合・・・・そんな時に勘違いが生じます。

・ロータリーを回る時、広い駐車場に出入りする時、そんなときにも勘違いが生じます。ロータリーや駐車場での回転は、日本とは逆で、左回りです。





<一般道路>
・アメリカの道路を簡単に説明することはできません。色々な道、色々な標識があります。
アメリカらしいのは、昼間と夜間の制限速度が違う場所があることです。
     標識


これは、昼間の最高速度は40マイル毎時、夜間の最高速度は35マイルという標識。
アメリカ的考えは、夜間の速度の方を低くすること。夜は見通しが悪いので速度を落としなさいということなのですが、日本なら、逆で・・・・・夜は交通量や歩行者が少ないのでスピードを出してもいい、と考えることでしょう。

日本に無いのは、上下3車線や5車線の道路。
上りが2車線、下りが1車線、ということではありません。道路の中央に黄色の線で囲まれた下りでもなく上りでもない中央の車線があるのです。
商店街などでは左折して商店の駐車場に入る車がありますので、その車のために中央に左折専用のラインが設けられているのです。この中央ラインは上下線の共用ですから、対向車線からも左折車(こちらから見ると右折車)が入ってきます。ですので、走行は厳禁です。
細い3車線の道路では宅配便の車が中央ラインに駐車していることがありますが、これも御法度。



<常時右折可>
・アメリカでは、ほとんどの交差点で、常時、右折ができます。前方の信号が赤でも、左から来る車がなければ右折していいのです。
これは、横断者が少ないので許されているものと思いますが、とても理にかなったルールです。

・日本でこれをしたら、「右折していいんだから・・・」とばかりに、強引に右折する車があって、歩行者や直進車とのトラブルになることと思いますが、アメリカでは無理に右折する車はありません。



<運転マナー>
・常時右折が可能な交差点の先頭で赤信号待ちになったとしましょう。 そして、後ろの車がウインカーを出していて、右に曲がりたいことがバックミラーで分かったとしましょう。
日本なら、きっと、後ろの車がクラクションを鳴らして「行けよぉ」「どけよぉ」の理不尽な意思表示をすることでしょうし、それを見越した前方の車は、ズルズルと前に出たり、左に寄ったりして、車線を開けることでしょう。
でも、アメリカには、こんな場面でクラクションを鳴らす人はいません。おとなしく信号が変わって前の車が出るのを待ちます。
ですので、後方の車にそのような気を使う必要はありません。

・また、信号は実に良く守られます。
日本では反対方向の信号が青になっても交差点に突入する車が目立ちますが、アメリカでは急ブレーキを踏んででも(ちと、オーバーな表現)信号を守ります。
日本人の運転感覚で交差点を通過しようとすれば、信号を守る車に追突すること必至です。

・そして、車線も良く守られます。車線変更が少ないのです。
日本では前方の交差点などに右折車があると、強引に車線変更をする車がありますが、アメリカではこれがほとんどありません。
右折車が右折するまで(アメリカでは左折です)その車線にとどまります。時には、隣の車線がガラ空きであっても車線を変えない車もあります。
そんなに急いでも大した差は生じないことを知っているのでしょう。



<一時停止>
街を少しはずれたり、裏通りに入ったりすると、一時停止の交差点が多くなります。
日本の一時停止は、相手の道路が優先だからこちらは一時停止して安全を確認するように、という趣旨で設けられているところがほとんどですが、アメリカの一時停止は違います。
信号機の代わりに設けられているといっていいでしょう。
上下4車線同士の交差点が全方向一時停止になっていたりするのです。


4−WAY というのは、十字に交差する4方向の道路全部が一停止になっていることを表します。
日本なら「相手も一時停止なら大丈夫だ、止まらずに行ってしまおう」という車があることでしょう。ですが、アメリカはそんな車はありません。きちんと止まります。

・先着順で、そして左回りの順で、先頭の一台づつが交差点を通過するのが原則です。
決して・・・日本のように、強気の車が優先であったり強引な車が優先であったりはしません。



<譲れ>
見慣れない、重要な標識はこれ。


日本では、「徐行」と訳されることが多いようですが、「徐行」ではありません。
          日本で「徐行」の標識が立っているような所にありますが、徐行ではありません。
YIELD・・・・・辞書をこのまま引くと、「利益をもたらす」などという色々な意味が出てきますが、
          ここでは、「譲れ」という意味。
          合流する道などにあり、相手の道路の車両を優先させて、道を譲らなければなりません。
          譲らなけらばならないのですから、ある意味では(事故後の・・・結果的には)、
          一時停止より強い意味になります。
          間違っても、譲る(YIEL)の受身形で、「譲られた」などと誤解しないで下さい。




<高速道路>
・フリーウエーと呼ばれていますが、速度制限がフリーなのではありません。
東海岸などの一部の道路を除いて、大半が無料です。
南北を結ぶ道路には奇数の道路番号が、東西を結ぶ道路には偶数の道路番号が付けられています。
ですが、南北を結ぶ道路であっても、場所によっては地形に従って東西に敷設されているところもありますので、道路が常に南北を指し示しているということではありません。道路の番号と道路の状況で東西南北を判断してはいけません。

・インターステーツハイウエーの出口番号は、(多くの州で)北から南へ(西から東へ)州境からの距離と同じ数字となっているので、距離や時間の計算に便利。


・高速道路で注意が必要なのは「死角にいる車」です。
車線の幅が広いので、その分バックミラーの死角も広くなり、そこに入っている車を見落とすことがあります。
バックミラーに頼らず、後方を自分の目で確かめる必要があります。
特に、自動運転(アクセルを踏まなくても速度を一定に保ってくれる装置があります)している自分の車を自動運転で追い越していく車は、その相対スピードが時速数マイル(1マイル=1、6キロ)程度ということもあり、その場合にはバックミラーの死角から抜け出すのに数秒かかりますので、注意が必要です。
逆も同じです。相手の車の死角からは直ぐに抜け出すのが万一防止策です。




<道路標識>


これらの文字標識を走りながら確認するのは難しいことです。
曲がれるのか、曲がれないのか、直進できるのか・・・・分からなかったら、前の車に従うのがいいでしょう。




<踏切>
・踏切で必ず一時停止しなければならないのは日本。ですが、アメリカでは一時停止は無用です。
その理由のひとつは、踏切の信号に誤動作のない自信があること・・・・・だと思います。
もう一つは、町の中にはほとんど踏切が無く、踏切のある郊外では見通しがいいので列車の通過状況が遠くから見通せること、だと思います。



アメリカは自動車社会で旅客列車は少ないですが、貨物の鉄道輸送は健在です。
百両余の貨車を引く三重連の機関車は見応えがあります。




<ヘッドライト>

標識 ・見慣れない標識のひとつはこれです。ヘッドライトを点けなさいという意味です。
日本で、バイクが日中でもヘッドライトを点けて走行するように、アメリカでは乗用車やトラックがヘッドライトを点けて走行します。自分の存在を対向車などに示すためです。

ヘッドライトの点灯は通常は義務付けられていないのですが、霧の通り道であったり、狭い対面路線である場合には、このような標識があります。



<横断者に注意>






・見慣れない標識のもう一つはこれ。
上は、高速道路脇に立っている標識。高速で走行中に写したのでブレていますが、絵柄は下に似ています。
ただし、上の標識の人物はサーフボードを持っていません。「高速道路を横切る人物がいる」という警告です。

これは、カリフォルニア南部の海岸線沿いにある高速道路上の標識です。
メキシコからボートで密入国した者が高速道路を横切るから、注意・・・というわけです。

そして、下は、この左の標識のパロディ版で、海辺に急ぐサーファーがいるので注意、という意味の(私設)標識です。




<駐車>
・宿泊や観光、買い物で駐車に苦労することはありません。
施設が駐車場を供えていますし、都市部の中心地には有料駐車場がたくさんあります。「1分たりとも歩きたくない」などとの我が儘を言わなければOK。

・走行方向が定められていない駐車場は左回りが原則。日本流に右回りで入っていくと止めづらいし、対向車とはち合わせとなります。


<ガソリンを入れる>
・ガソリンは早めに入れましょう。特に、郊外では次の町が遠いですから、ガス欠になったら命取りです。
路上で助けを求めても、ほとんどの車は無視して通過して行きます。日本のようなわけにはいきません。

・ガソリンスタンドに入る時になって「給油口はどっちだ」なんて慌てないよう、事前にチェックておくのがコツです。
ほとんどのガソリンスタンドはセルフサービスとなっていて、自分で給油します。(オレゴン州などでは店員が給油してくれる)
     先に給油してから支払をする
     先に概算払をしてから給油する
     クレジットカードを操作して給油する
の3通りがありますが、後払いの方法は少なくっています。「食い逃げ」ならぬ「入れ逃げ」が多くなったためと思われます。

・給油操作は色々ありますが、「習うより慣れろ」で、他の人のやり方を見ていれば分かります。
gs   gs

gs



田舎に行くと、こんなガソリンスタンドもあります。





<レンタカーを返す>
・レンタカーを返却する手続きをチェックインといいます。
空港に返すのであれば、道路の案内に従って行けばOK。
レンタル時の契約にもよりますが、原則は満タン返しです。
借りた時とは逆の方法でシャトルバスに乗ってターミナルに向かいます。



モーテルと食事| アメリカという国と人| 見て欲しいアメリカ| 州別の見どころ| エルビスとケネディ| トップページ








.