左の看板は、「住民が監視しています」という警告。
   この警告板が立っているのが、のんびりと貨物列車が走っている畑の側。

   附近に人家はありません。
   畑の作物を盗むな、という意味でしょうか?

   最近の日本は、隣りに誰が住んでいるのかも分からなくなってきているとか、
   アメリカを見習って、近隣で協力しあって、生活したいものです。






 田舎道を走っていたら、こんな記念館を見つけました。
 homestead には色々な意味があります。
 家屋敷、牧場主の住宅、農場 ・・・・・ そして、 入植者に与えられた
 160エーカーの土地、という意味があります。

 160エーカーは、正方形なら1辺約800メートルの土地。
 南部では1辺が1マイル(1.6q)の土地が与えられたようですが、
 その4分の1の土地です。
 1辺が800メートル・・・・半端な土地ではありません。



 


それは、19世紀後半の、西部開拓前半のアメリカの農家の生活をそっくり残したような記念館です。

左は、完全なログハウス以前の家。材木の隙間をしっくいで固めています。









      これは、当時の洗濯機。手動です。
      樽に歯車を付け、その先に回転翼を付けて樽の中の洗濯物をかき回して、
      洗濯したのです。
      どうみても、Gパンが1本しか入らない大きさで、実用向きではありません。
      しかし、当時から、アメリカンは、生活に工夫を重ねていたのです。





       

そしてこれは、現代の産物、飲料の自動販売機です。
料金投入口と、商品取り出し口だけ開けられて、
他は、すべて、木で覆われています。

歴史的記念館に自動販売機は似合わないのか、それとも、
自動販売機が壊されて現金を盗まれるための対策なのか、
私には、分かりませんでした。

                               







                          


       ネブラスカやワイオミングは、インディアン(ネイティブアメリカン)との戦いの歴史があります。

       日本風に言うなら、古戦場です。

       共栄共存を図るべき話し合いがもたれた地でもあります。






                       

       

                    そして、恐竜などの化石が出る地でもあります。

                    アメリカ大陸の大きさを感じずにはいられません。





                                 


                                         チムニーロック


                                 これも、アメリカ大陸の大きさを感じさせる岩です。
          
                                 ここまで浸食するのに、何年かかったのでしょう?




   

州の選択に戻ります


































 ネ ブ ラ ス カ 州 

   

NEBRASKA         ・・・the good life

ということは、これといって、何もないということなのかも・・・・

ここに来ると、だれもが、記念撮影をしたくなるようです。