<モーテルとは>
日本で「モーテル」と言うと、男と女が密かに利用する施設を指します。
ですが、アメリカにはそのような意味あいはありません。車で移動する旅行者の利便から生まれた宿泊施設です。
「モービル」と「ホテル」という言葉を組み合わせたのが「モーテル」だと言われるように、車利用の旅行者を相手にしたホテルがモーテルです。


日本と同じ目的でモーテルを使用する男女もいれば、二日酔いを醒ますために朝からモーテルを利用する客もいますが、それは少数です。


モーテルとホテルの違いは、部屋の前まで車で行ける点です。
ですので、モーテルの部屋の前には広い駐車場があります。
フロント(オフィス(OFFICE)と呼ばれます)でチェックインして鍵を受け取り、車で部屋の前まで、ドアの前まで、乗りつけることができます。

ただし、二階の部屋までは車では行けません。外階段の側に車を止めて上がります。
ということは、一階の部屋の方が断然便利ということです。




<モーテルの見つけ方>
・モーテルはどこにでもあります。不思議なほどに、「なんでこんな田舎の小さな町に」と思うような所にもあります。
ですから、モーテル探しで困ることはありません。
予約も必要ありません。夕暮れ時までなら、予約無しで泊まれますし、夜更けになっても、有名な観光地以外では泊まることができます。




       ただし、夕暮れになって慌てMOTEL探しをすると、こんな看板の所に入ってしまうことがあります。
       ここは、MOHELさんの弁護士事務所です。






空港にはモーテルやホテルの案内板が設置されていて、そこの特別電話で予約することができます。
予約の必要はないのですが・・・・これらの電話で予約すると、料金が割安になることが多いです。
ただし、予約したモーテルにすんなりとたどり着けるかどうかが大きな問題です。初めての土地で、右も左も分からない土地で予約をするのは考えものです。
行き当たりばったりで泊まるのが簡単です。

モーテルの宿泊で困るのは、大きな町でのモーテル探しです。
町が大きいがために、モーテルがどこにあるか、分からないことがあるのです。
そんな時は、フリーウェイに乗って町の外に出ることを勧めます。フリーウェイで町外れに出れば、必ずそこにモーテルがあります。モーテルは町外れにあるのです。




<モーテルの設備>
・ホテルと変わるところはありません。部屋も綺麗ですし、禁煙ルームもあればコンチネンタルの朝食を用意しているモーテルもあります。

         

ベッドも大きいです。日本のホテルで「ダブルベッド」と呼ばれているのが、アメリカの「シングル用」といっても過言ではありません。
大の字になって寝ても、ベッドの両端に手が届かないのがアメリカのベッド(クイーンサイズ)です。


・アメリカ人はプールが好きなようです。
ですから、プールを備えたモーテルも多くあります。


午後2時頃にはチェックインしてプールで泳いでいる家族がいたりします。
「どこから来てどこへ行くの。プールで泳いでいる時間はあるの。市民プールみたいのはないの?」と聞きたくなることがあります。



そして、ジャグジーです。
ジャグジーはまだまだ一般的ではありませんが、明るいうちから温泉気分で入っています。
言葉の不自由なガイジンがジャグジーの仲間入りするにはかなりの度胸が必要です。



・旅行者の悩みのひとつは洗濯ですが、モーテルの多くはにはコインランドリーが備えられています。
洗濯機と乾燥機、それぞれ1ドル前後で利用できます。


下着の数枚だけなら毎晩手で洗って干すことができますが(乾かない時は、翌日車の中で干します)、シャツやパジャマ、Gパンになると洗濯機の方が楽です。



・部屋に台所が付いているモーテルもあります。
基本的には長期滞在者向けなのでしょうが、1泊でも、空いていれば泊めてくれます。
フライパン、皿、ナイフ、フォーク・・・一通りの物は揃っていますが、調味料はありません。

           



<ドライブスルー>
・マック・ドナルドなどのファストフード店は各地にあります。大きなモーテルがあれば必ずなにがしかのファストフード店があります。
ドライブスルーを利用してみるのもいいのですが・・・・英語の腕試しにしかなりません。
車を止めて店に入り、トイレを利用し、手と顔を洗って、気分転換をするのがドライブ旅行のコツです。
特に、昼食は、ゆっくりとしたいものです。



<デリカテッセン>
・デリカテッセンとは、惣菜屋のことです。
アメリカはデリカテッセンが豊富です。専門の店もありますが、SAFEWAYなどのスーパーマーケットにはデリカテッセンの売場があります。

      

ハム、ソーセージ、ハンバーガーはもちろんのこと、鳥の丸焼きやフライドチキン、ポテトサラダにマカロニサラダ、八宝菜に春巻き、焼きそばやスパゲッティ、生野菜のサラダも刻んで売られています。
ほとんどのものは暖められていますので、これらの惣菜とビールを買って帰れば、モーテルでTVを見ながら気楽な夕食ができます。
ただし、日本と同じ味を期待するとがっかりします。




<ピザ>

・アメリカの「うまいもの」は・・・・・・ピザです。ハンバーガーではありません。
色々なチェーン店が店を開いていますが、大差はありません。美味しいです。
そして、なにより、安いのがうれしいです。同じ味だとしても、安ければより美味しく感じるものです。


レストランのサインを見ると何となく美味しそうな感じがするものですが、味はマチマチです。
日本人の味覚からすると、アメリカのレストランは美味しいところは少ないと思います。
特に、デニーズなどのチェーン店は日本と同じ感覚で入ると後悔します。




<ステーキハウス>
・そんな中で、比較的後悔しないのがステーキハウスです。
チェーン店でもOKですが、独立系の店は安心して食べられます。

         

ステーキソースで食べさせるファミレス店やレストランと違って、吟味された肉が使われているようです。
右は、20オンス(560グラム)のステーキ。柔らかくて美味。残さず食べました。




<魚介類>
・アメリカ人は魚介類を食べないということはありません。
好んでは食べないようですが、(数の大小はあれ)マーケットでは売られています。

          

これらのエビや魚を見ると食べたくなるのは日本人の性。
ですが、モーテルのキッチンで料理するのは困難です。
その場で調理してくれる店があればいいのですが、あったとしても、丸ごとのフライだったり、丸ごとのボイルだったりします。
それがアメリカの調理方法です。


港に近いスーパーでは魚の切り身や貝が売られています。
これらを見ると食べたくなるのですが、旅行者には調理する方法が限られます。

      




ただし、海辺のレストランに行くと色々な海産物が格安で食べられます。

             




レンタカー&ドライブ| アメリカという国と人| 見て欲しいアメリカ| 州別の見どころ| エルビスとケネディ| トップページ









.