<大地と自然>
アメリカといえばニューヨーク、ニューヨークといえばマンハッタン、マンハッタンといえばティファニー。
アメリカにこのようなイメージを持つ方が多いと思いますが、アメリカの大自然を見落としてはいけません。
グランドキャニオンやナイアガラの滝もその一つですが、観光地化されていない大自然が数多くあります。



これはアリゾナ州とユタ州の州境北部にあるメキシカンハット(Mexican Hat)。
自然が作り上げたものです。日本なら間違いなく観光名所になっている所です

この岩を見るための駐車場は整備されていません。土産物売りも出ていません。
手を付けない自然、手が付けられていない自然、それがアメリカです。



<ドライブイン>
車で乗り付けて駐車場に止め、広い食堂で食事をしたり買い物をするところがドライブインです。
言うまでもありません。それがドライブインのオリジナルです。



ですが、アメリカの(ファストフードの)ドライブインはこんな風になっています。
空いているスペースに車を止め、そこのインターホンから注文をすると、店員が車まで配達してくれ、そこで食事をして帰る・・・のが、ドライブインです。
店には客室がありませんから、店には、冷暖房も、店内清掃も、BGMも不要です。実に安上がりです。


<自動販売機>


アメリカでは自動販売機をあまり見かけません。
盗難が多いからです。いえ、売上金を狙われるのではありません。自動販売機ごと、そっくり盗まれることがあるようです。
ですので、屋外に設置された自動販売機は固くガードされています。
画像では見にくいですが、販売機は鉄の棒で防護されています。




その一方でこんな自動販売機もあります。
水の自動販売機です。コインを入れるとホースから飲料水が出てくるので、それをタンクに詰めて持ち帰るのです。
SALT FREE とは、塩分が無いこと。この辺の水道水は塩分が多いのでしょう。



<電柱>
アメリカには電柱がない、だから、電線が大好きな雀も育たない、などと言われます。

ですが、電柱はあります。
日本のように街中そこらだらけということはありませんが、郊外に行くとこのような電柱が並んでいたりします。
しかも木製です。日本ではコンクリートで作られた「コン柱」ですが、アメリカの電柱の大半は木製です。
そうそう、ガードレールの柱も木製が多いです。



<農業国>
アメリカは農業国です。巨大な農業国です。
見渡す限りの畑をトラクターで耕し、消防ホースのようなスプリンクラーで散水し、バリカンのお化けのような機械で取り入れをします。

ですが・・・・日本と同じ様な手作業もあります。
比較的労働力の安いカリフォルニア南部などでは、このように大勢の人が畑に出て草取りや取り入れをします。
日本と違うところは・・・・畦道に労働者の車が並び、仮設トイレが設けられていること。


<養魚場>

アメリカ人はあまり魚を食べません。
調理方法もワンパターンで、日本のようなわけにはいきません。



ですが、養魚にかける力にはすばらしいものがあります。
川を上ってきた魚を捕らえ、採卵、受精、育成する施設がいくつもあるのです。
「外洋の鮭は母川国のもの」というアメリカの主張は正当です。このような養魚施設が数え切れないほどあるのですから。



<ハロウイン>
アメリカ人は季節のまつりごとを大事にしています。

イースター、母の日、卒業式、新学期、収穫祭ハロウィン、クリスマス、などなど。
日本では「月見」をする習慣がなくなったようですが、アメリカではハロウィンは現役です。


ハロウィンの行事は、カボチャ畑にカボチャを穫りに行くことから始まります。



<風力発電>
原子力発電を止めようとしているわけではありませんが、アメリカの電力の一部は風力で作られています。

これはパームスプリングス(カリフォルニア州)郊外の風力発電所ですが、このような大規模なものは多くありません。
風があればどこででも電気を作るという考えなのでしょう、小規模な風力発電が各地でなされています。

水力発電も同じで、水があればどこででも電気を作るという考えから、小規模な水力発電が数多くなされています。


落差は5メートル弱しかありませんが、これで発電できるのです。




レンタカー&ドライブ| モーテルと食事| アメリカという国と人| 州別の見どころ| エルビスとケネディ| トップページ







.