メ イ ン 州

          








全部が全部このような州境ではないのですが、メイン州の州境にはこのような雰囲気が似合います。

車は来ない、路面は凸凹。日本の田舎道のようです。







仮に空路でメイン州に入ったとしても、このような小さな飛行機です。
いえ、全部が全部小さな飛行機ということはないのですが、需要と供給の関係で、 運行される飛行機の機材は決まってきます。






ACADIA国立公園
地学的(火山活動的)に貴重な公園だと言われますが、私のような素人の観光客には、
なにが貴重なのか、何が重要なのか分からないままに公園を巡ってしまいます。


もし、あなたが、アメリカの国立公園の全てを制覇しようとしているなら、 私は、早い機会にACADIAに訪れることをお勧めします。
きっと、ご自分の考えを変えることができると思います。







   例えば、この入江がそうです。
   火山学的にどうであろうと、西部の大自然と比べたら、
   なんでもない入江なのです。









しかし、田舎道を走ると、このような屋根付き橋(カバード・ブリッジ)に出会ったりします。

カバード・ブリッジは、映画マジソン郡の橋で有名になりましたが、 マジソン郡(アイオワ州)にだけあるのではありません。
ここ、メイン州にもあります。







はっきり言って、なんだか分かりません。走っていたら出会いました。
が、絵葉書で見た記憶があります。これを絵葉書にするくらいしかないのです。
マサカリかついだ、金太郎・・・・なのでしょうか? それとも、偉大な人だったりして??





日本人の観光客にとって嬉しいのは、海産物です。
特に、このロブスター。手の大きさと比べてください。
バリバリと手で剥いて、手づかみで食べます。
ここで熱々のロブスターを食べたら、病みつきになります。





このロブスターや貝類を茹でるのは、店の外に並んでいる釜戸。
(垂直の柱のように見えるのは、煙突です)

薪で釜の湯をたぎらせて、ロブスター類を茹で上げます。
嬉しいことに、ロブスターはロブスターで、貝は貝で、別々の釜で茹でて
貝を茹でたスープは、コップに入れて(紙コップですが)出してくれます。



   増殖予定です

州の選択に戻ります