P マサチューセッツ州の見どころ
 マ サ チ ュ ー セ ッ ツ 州 





マサチューセッツは、山あり、野原あり、海あり、の州。
ジョン F ケネディ をはじめ多くの政治家が生まれ育った地でもあります。




Old Sturbridge Village

日本風に言うなら、明治村。1830年代を再現したテーマパーク。
桶を作るところ、染め物をするところ、水車でノコギリを動かすところ
足踏みのろくろで土瓶を作る様子、家畜を使う様子、などなどを見せてくれます。

これは、湯を沸かして、草花の色を原料とした染料でウールを染める様子。


   Old Sturbridge Village は、インターステイツ・ハイウエー84号線と、国道20号線が交差した付近です。




      Honcock Shaker Village

      シェーカー教の集団生活、
      財産共有生活の様子を保存したところ。

      これは、大きな家畜小屋。
      宗教の力を知らされる建物です。




  

ジョン F ケネディ の生家。


ボストンの地下鉄が路面電車になって、少しのところにあります。

       



こんなところに住んでいたんだ・・・・と思うと同時に、
当時から道路が整備され、家財が整っていたアメリカの社会が
見えてきます。当時の生活レベルは日本の比ではありません。

 

室内は撮影禁止なのですが、係官が「ここはOK」と撮影させてくれました。
台所のレンジ、オーブンなどです。1920年代の日本はどうだったでしょうか。





マサチューセッツ大学の構内に、ジョン F ケネディ ライブラリーがあります。
彼が卒業したのは、ハーバード大ですが、敷地の関係でここに作られたといいます。

ケネディに関するありとあらゆる資料が集めらていますが、暗殺に関するものはありません。




マサチューセッツ州南部にある小さな漁港、New Bedford。
捕鯨で栄えた町です。

なーんだ、アメリカ人もクジラを食べたんじゃないか・・・・と、納得してはいけません。
食べたのではなく、鯨油を取るために、クジラを捕ったのです。 油のためにクジラを殺したと言ってもいいでしょう。

それは、1830年から1860年代。鯨油が石油やガスに取って代わるまで、続きました。

左は、町にある捕鯨博物館にある、捕鯨船。
大きすぎて、1画面に収まり切れません。





マサチューセッツ州南東部の海岸に、サソリの尾ように伸びる砂州が、ケープコッド。
地図で見ると面白そうなのですが、車で走ると・・・・何が何だか分からないままに、
先端の町、Provincetownに着いてしまいます。

(地図 RAND McNALLY から)




これは、町にある展望タワーの螺旋階段。窓の少ないところを、フウフウ言いながら登ります。







この附近では魚介類が豊富です。
ロブスターもあれば、ムール貝も蛤もミル貝もあります。

日本人観光客にとって嬉しいのは、これらの食べ物です。
しかも、気取らずに、ホークとナイフ無しで、手づかみで食べることができます。

日本で食べたらいくらになるだろう・・・・・・
なんてことを考えながら食べるのは、私だけでしょうか?
そう考えて食べると、さらに美味しく感じるのですから、不思議です。



   増殖予定です

州の選択に戻ります