ル イ ジ ア ナ 州 






州境の看板に見慣れない文字・・・・・フランス語です
フランスと強いつながりがあるルイジアナならではの表記です




            

ルイジアナ州の首都は、バトンルージュ。あまり知られていない所です。
しかし、多くの人が知っているのが、ニューオリンズ。

ニューオリンズはジャズの街ですが、先ずは、牡蠣から紹介しましょう。
オイスターバー・・・字通りの牡蠣を食べさせてくれるバーがあります。
このように盛りつけて出してくれるところが多いですが、中には、
カウンターに剥いた牡蠣を直に並べて食べさせる店もあります。




いかにもアメリカらしいのがこれ。
生の貝には危険がつきもの。貝の破片で口や歯を痛めることがある。
との州政府の警告書がカウンターやテーブルに出されています。




     

そして、ニューオリンズはジャズとオカマの街。
いえいえ、特にオカマが多いわけではないのですが、歓楽街にはごっついオカマが出没します。




店の中で演奏することができない演奏者は、路上や広場で通行人相手に演奏し、小銭を稼ぎます。
路上の演奏で腕を磨きながら、将来は酒場でのレギュラー出演、レコードデビューと夢見ているのでしょう。





そして、ニューオリンズは黒人の街。
古い熱狂的な宗教、ブウードウー教の博物館があったりもします。
街には手相を見る人(宗教家)も出ているのですが、この博物館はゲテモノ屋敷と化しています。




これは特徴あるニューオリンズの墓。
ブウードウー教関係施設ツアーの一つとして、夜中の墓巡りがあったりします。



もう一つのニューオリンズの目玉は、マルディー・グラの仮装パレード。



    

パレードのフロート(山車)を作っている工場を見学することができます。






そして、元日のシュガーボール。
アメフトの学生決勝戦ですが、
ものすごい人気です。
この大観客です。






やはりアメリカらしいのは、これ。
スーパードームの入口の掲示です。
缶、ビン、武器、ミサイル・・・
持込禁止品となっています。






この電車に乗って行きますと・・・・



郊外の豪邸や・・・・



動物園を見ることができます。(オーデュボン動物園)

ここは動物園より、は虫類や両生類の水族館として見た方が価値があります。










そして、更に郊外に足を伸ばすと・・・・・南部のプランテーションで栄えた豪農の館があります。
黒人の労働力(奴隷)を基にして、綿やトウモロコシ・サトウキビなどで巨万の富をえた人達の住居(跡)です。
入場料を支払うと、プランター(大農園主)の館を内外から見ることができます。

   増殖予定です

州の選択に戻ります