<自己責任>
アメリカは訴訟大国です。ちょっとしたことで、何十億円という損害賠償を請求する国です。
ですので、何かがあれば、何でも相手の責任にしてしまうような国に思えます・・・
・・が、それは違います。


日本では、このような所に座ることはできません。立入禁止の立て札があり、柵が設けられているからです。
ですが、アメリカでは、こんな所に座ることが許されています。
いえ・・許されているというか・・自分の判断で行動するのです。立入禁止の札があるから入らないのではなく、自分で対処できる危険かどうかを判断して行動するのです。
それがアメリカです。
日本で転落事故があるなら、「観光地の管理に瑕疵があった」として、そこの管理者が訴えられることでしょうが、アメリカでは、管理者以前に自己の責任なのです。

下に見える細い道にも、車で下りることができます。未舗装の急斜面で、ブレーキを踏むと車がズルズルと前に滑っていくような道でとても危険です。
ですが、下りることが許されています。
これも、すべての責任は、自分持ちです。
それがアメリカです。




<レディファースト>
日本男子が不得意とするのが「ご婦人優先」。
    入口のドアを開けて上げる。
    車のドアを開け閉めして上げる。
    レストランなどでは先に歩いてもらい、先に着席させてあげる。
というところが基本。
ですが・・・どうなのでしょう?
始めて入ったレストランで、ご婦人を先に歩かせるというのは??
どんなところか分からない場所へ、先に行かせるなんて・・・・ご婦人に露払いをさせていることと同じではないのでしょうか?
多くの場合、奥さん、娘さん、旦那さん、せがれさんの順で店に入ってきます。
アメリカン男子の考えは理解に苦しむところがあります。


<公開>
アメリカには「公のものは公開する」という姿勢があります。
    ホワイトハウスも
    ペンタゴンも
    発電所も
特別な手続き無しで見学することができます。
日本なら、皇居、防衛庁などでしょうが・・・・日本人であっても簡単に見学することはできません。



<井の中の蛙>
塩の湖、海面下に位置する広野、巨大マグマの吹き固まり、巨大渓谷、巨大鍾乳洞・・・・
などなど、アメリカには大自然が溢れていて、大自然の宝庫となっています。
が、多くのアメリカ人は、自分たちの国にそのような大自然があることを知りません。
また、シカゴやニューヨークを知らない人も珍しくありません。
アメリカ人には「井の中の蛙」的なところがあります。

それは、仕事や趣味に集中している結果なのかもしれませんが、「好奇心の不足」や「自己中心」の結果なのかもしれません。

・地下鉄を見たことのない人に「ニューヨークには地下鉄がある、アメリカに来たのなら地下鉄に乗ってみるがいい」と真顔で言われたことがあります。
土着民というのでしょうか、専住民(?)というのでしょうか、自分の守備範囲以外のことにはあまり興味を示さない民族のようです。


<個性>
・観光地や公園に行くと、大きなビデオカメラをかついだ人を見かけます。
いえ、TV局のカメラマンではありません。普通の人たちです。
ビデオカメラの出初めの頃の、肩にかつぐ大型のものが、現在も使われているのです。
     

・これを「節約」とか「倹約」と見ることもできますが、私は、これがアメリカ人の「個性」ではないかと思います。
「他人がどんなビデオカメラを使おうとも私はこれでいい」と思っているようです。
日本人は「古いカメラでは恥ずかしい」のでしょう。日本で大型のビデオカメラを目にすることはなくなりました。


<社会ルール>
・モーテル、ガソリンスタンド、ファーストフード、アメリカには巨大な看板が目立ちます。それは、空をかき回すような大きなものです。


その一方で、これらの看板が小さく低く抑えられている地域があります。
町の景観を損ねるという理由ですが、見事なまでに足並みが揃っています。


ルールを作ればそれに従うのがアメリカです。

・アメリカの住宅地には芝生がつきものです。休日には、自宅の庭の芝を刈る光景があちらこちらで見られます。
アメリカ人は芝刈りが好きなのだと思いきや・・・・・違うかもしれません。
芝を刈らずにいては隣人に失礼になるのでしょうか、そこには何かのルールが働いているようです。


<弱者保護>

・アメリカでは弱者の保護がしっかりなされています。
目につくのが身体障害者用の駐車場です。
観光地や公園はもちろんのこと、スーパーマーケットにも障害者用の広い駐車場が、一番便利なところに設けられています。
そして、どんなに駐車場が混んでいても、健常者はそこに車を止めません。


これは、車椅子用の観光望遠鏡です。車椅子に座ったままで覗けるようになっています。
このような望遠鏡の設置を見ると、アメリカの弱者保護が半端でないことが分かります。


<卒業式>
日本で「大学の卒業式に親が出席した」と言いますと、「親ばか」というニアンスを含みますが、アメリカでは、当然のこととして親が大学生の卒業式に出席します。
いえ、親だけではありません。兄弟も、祖父母も、友人も、甥や姪も・・・出席します。
もちろんその関係者全員が出席するわけではありませんが、父兄の数は卒業生の数の3倍とか5倍になります。

・卒業生は父兄に卒業できたことを報告し、感謝の意を表します。そして、みんなで卒業を祝うのです。
自分一人で大きくなって、自分の力で卒業したと思い込んでいる日本の学生とは大違いです。


・卒業生は、ガウンと角帽を着用します。強制ではないのですが、おそろいのガウンと角帽です。
卒業式にこの格好をしたくて勉強してきたのではないかと思ってしまうほどです。
ガウンの下は・・・Gパンにスニーカー・・・という卒業生も何人かいます。



レンタカー&ドライブ| モーテルと食事| 見て欲しいアメリカ| 州別の見どころ| エルビスとケネディ| トップページ






.