ア  イ  オ  ワ  州 



シカゴがあるのがイリノイ州。そのイリノイ州の北西側にあるのがアイオワ州。
州の略号は「IA」。私の感覚では「IW」なのですが・・・・ インディアナ(IN)と混同しそうです。











ウインターセットという町で思い出すのが、映画「マジソン郡の橋」。
そのマジソン郡はアイオワ州にあります。

ここでいう「マジソン郡」とは、日本でいう「北足立郡」「南埼玉郡」と同じ意味のものですが、 アメリカの「郡」は日本のような単なる括りではなく、何らかの自治権を持った行政単位のようです。
それは、郡の境にある「ここから○○郡」という標識からも分かります。

映画「マジソン郡の橋」のとおり、周囲は未舗装の道路が少なくありません。
ウインターセットは、本当に田舎の町です。




  

  

  

マジソン郡にはこのような橋がいくつかあります。
映画のために造ったのではありません。100年以上前の建造です。
なぜ、橋に屋根を掛けたのか、については諸説あるようですが、
北の厳しい天候から高価な橋の床材を守るために、安価な木材で覆いを作った、 という説が有力です。
でも、橋全体でなく、川の上の部分だけが覆われていることについては、この説では説明がつきません。





橋には一つひとつ名前が付けられ、建造の年が明示されています。
これを見ると、古いものであることがわかります。
スイスなどのヨーロッパには屋根の付いた橋がありますが、 これらマジソン郡の橋はヨーロッパの故郷の橋を真似て造ったのかもしれません。
それにしても、1880年代にこのような橋を造ったとは・・・・アメリカは凄い国です。
(公園に移築された橋もあります)







そして、内部はこうなっています。
ほとんどが昔のままですが、一部屋根を支える梁を、補強をしているところがあります。










      落書きをするのは人間の性とか・・・・
      しかし、この落書きには落胆した。消して欲しいものです。






      「マジソン郡の橋」の舞台になった、「Roseman Bridge」
      マジソン郡で一番見栄えのする橋です。
      映画では車が通行していましたが、現在は通れません。徒歩のみです。
        (ひとつだけ他に、乗用車が渡れる橋があります)
      映画が公開された当時は観光客が多かったようで、近くには閉められた土産物売り場が残っていたりしますが、
      今は閑散としていて、観光客はほとんどいません。
      (映画公開前から開いている土産物売り場はあります)




ウインターセットのもう一つの見所は、ジョン・ウエインの生家。
野口英世の生家のように、観光バスが来ていたり、派手な土産物売り場があったりはしません。
普通の住宅地に、ひっそりとあります。


   増殖予定です

州の選択に戻ります