ワ シ ン ト ン D. C.


・ワシントンという地名を聞くとホワイトハウスのあるワシントンを思い浮かべる人が多いようです。
ですが、アメリカには二つのワシントンがあります。
ひとつは、アメリカ西海岸北部の「ワシントン州」。もうひとつは、ホワイトハウスのある東海岸の「ワシントンD.C.」。
このページは、「ワシントンD.C.」の案内です。






RAND McNALLY

正式名称は「コロンビア特別地区 District of Columbia」ですが、アメリカの首都ワシントンと合わせて「ワシントンD.C.」と呼ばれます。アメリカのどの州にも属さない特別行政区です。ワシントン州とはまったく関係がありません。
もともとは、東西南北を角にする一辺10マイル(16キロメートル)の正方形の都市で、その中心にホワイトハウスが位置していたのですが、現在は、ポトマック川の西側はバージニア州になっています。





・ホワイトハウス 
アメリカの大統領官邸です。
大統領官邸ですが、日本の首相官邸とは意味あいが異なります。アメリカの大統領はアメリカの元首でもありますから、大統領官邸は日本の皇居と同列の存在となります。
その大統領官邸ですが、外国人旅行者でも(もちろん日本人も)ホワイトハウスを見学することができます。



外国人が日本に来て、その足で首相官邸や皇居を見学しようとしてもそれはかないませんが、アメリカではそれが可能です。何事も公開するのがアメリカの基本姿勢なのです。
特別な行事がない限り(特別な行事のある時間帯を除いて)、誰でもホワイトハウスを見学することができようになっています。




ホワイトハウス近くの事務所で見学時間が指定された整理券を受け取ることが唯一の手続きです。それだけで、ホワイトハウスに入ることができます。
土曜日曜はホワイトハウスの職員の駐車場が開放されますので、ホワイトハウスの直ぐ近くに駐車することができます。







しかし、9.11の後は、規制が厳しくなっています。
それでもめげずにホワイトハウスを見に行くアメリカンは絶えません。






・ワシントン記念塔(Washington Monument)
ホワイトハウスの南側にあるのがこのモニュメント。アメリカ初代大統領の業績をたたえるため、1800年代後半に造られたものです。
高さは555フィート(169メートル)。エジプトの古代遺跡にあるような形をしていますが、エジプトから持ってきたものではありません。

エレベーターで塔の最上部の展望室に上がることができます。ご覧の通りの塔ですから、展望室は8畳間ほどの広さしかありません。
ですので、塔の下には順番を待つ長い列ができます。

朝一番でワシントン記念塔に上り、その後にホワイトハウスを見学するか・・・あるいは、ホワイトハウスの見学整理券を手に入れてからワシントン記念塔に行くか・・・・時間の節約に迷いが生じます。




ワシントン記念塔から西方を望みます
ポトマック川の向こうがバージニア州
川の左手向こう側がアーリントン墓地





     

国立のアーリントン墓地があるのはバージニア州ですが、慣例にならって、ここでもワシントンD.C.の一部として紹介します。
墓地が「見どころ」や「観光地」というのはおかしいのですが、アーリントン墓地はアメリカンの観光客が圧倒的多数です。

そのアメリカンの目的は、J.F.ケネディの墓。         右がJ.F.Kの墓碑です。





ケネディの墓地の前庭(ステージ)には、ケネディの大統領就任演説の有名な一文が刻まれています。

「国が何をしてくれるかを問うのではなく、あなたが国に対して何ができるのかを・・・・・・」

   増殖予定です

州の選択に戻ります