これはハロウィン用のカボチャです。大人も子供も、ハロウィンのカボチャを買い求めます。
1個1ドルから3ドル。品種改良したのか、それとももともとそのような品種なのか、見かけによらず軽いです。中身はほとんどありません。ハロウィンの飾り付けのため、くり抜くのには最高です。




これを芽キャベツというのでしょうか?
葡萄のように・・トウモロコシのように・・・キャベツを小さくしたような芽が付いています。














ロス・アンゼルス
(ロスとかロサンゼルスと言うのは適当ではありません)の夜景です。
ヘリコプターから写したのではなく、ダウンタウンの北、グリフィス山から写したものです。
アメリカの夜景と日本の夜景の違いは・・・・・日本は青色系の色をしているところが、アメリカはオレンジ系の色をしているところです。照明の違いです。


グリフィス山は頂上まで車で行けますが、週末は夜景を楽しむ人で込み合いますので、頂上まで行くのに時間がかかるかもしれません。早めに行くのがいいようです。
このような夜景を写すには、三脚は必須です。 ですが・・・写真を写すのが旅行ではありません、のんびりと夜景を楽しむことができれば最高です。










セコイア国立公園の倒れた巨木です。
確かに、これで木の大きさは分かります。ですが・・・・写真で見たものを確認に行くことはありません。
セコイア公園では、巨大なセコイアの木が吐き出した緑の空気を吸いましょう。
ガイドブックで見たものを追って回っていますと、セコイアの空気のおいしさを吸わずに終わってしまいます。





セコイア国立公園はサンフランシスコからもロス・アンゼルスからも離れています。セコイア公園全体を見たいのなら両都市からの日帰りは絶対無理です。
日帰りなら・・・・・一カ所に留まって、セコイアの木と一時を過ごしましょう。それをお勧めします。







こうして・・・・ここに30分も1時間も留まっているのがアメリカ人です。
時間の許す限り見て回るのも観光の一方法ですが・・・・のんびりしたいところは、ここです。






















自然を自然のままに管理するのがアメリカの国立公園の基本姿勢です。
倒れたセコイアはそのまま、雷に打たれたセコイアはそのまま・・・です。



 

...................................
カ リ フ ォ ル ニ ア 州


カリフォルニアには、絵になる(写真になる)風景がたくさんあります。


パームスプリングス郊外の、風力発電所。   日本とは規模が違います。


ゴーストタウンではありません。

以前は展示していたのでしょうが・・・・・錆び果ててしましました。

子供達の楽しみは、ハロウインのカボチャ。    収穫の時は賑やかです。



カリフォルニアは農業に適した地方です。色々な作物が各地で栽培されています。
国道を下りて州道を走ると、農業王国アメリカが見えます。
ここはサンフランシスコの直ぐ南、州道1号線沿いの農家直営の売店です。
日本でも街道沿いにトウモロコシや果物を売る売店が出ますが、それを大きくしたものです。
日本との違いは、駐車場が広いこと。それが「アメリカ」です。

スピードを出しすぎていると、気付いた時には止まれず、通過してしまいますが、通り過ぎてからでも戻ってくる価値はあります。
日本では見慣れない野菜がたくさん並んでいますので、見るだけで楽しくなります。

州の選択に戻ります

月の拡大と、夜景を、二重露光しました。