つまり、森そのものが、木全体が化石となり、その化石が多数地表に露出しているのが、ベトリファイド・フォーレストです。


お弁当の海苔巻きを地表に落としてしまったように見えますが・・・これが化石化した「木」そのものです。細い枝は化石ならず、太い幹だけが化石化したものです。
立木のまま化石になったのか、それとも、倒れてから化石になったのか、知る由もありませんが、実に不思議な「森」です。



輪切りになった化石を見ますと、年輪が見えます。
なぜ、こんな大きな木が化石になったのか・・・・なぜ、森全体が化石になったのか・・・・
夢のような、超宇宙的な、不思議な、化石の森です。

嬉しいのは、これらの化石に触れることができることです。
何万年も前の樹木の化石・・・・・盗もうとするのは日本人だけかもしれません。


ベトリファイド・フォーレストにはインターステーツ・ハイウエー40号、311出口から入るのが便利ですが、ベトリファイドの感激を大事にするなら、州道180号線を利用して、南側入口から入ることを勧めます。


   





そして、できることなら、グランドキャニオンを歩いて下りてみたいものです。
季節にもよりますが(冬を除いて)グランドキャニオンは暑いですから、歩いてキャニオンの底まで下りるのにはかなりの体力と時間が必要です。最初が下り、そして、帰りが登りですので、かなりつらい行程になります。
しかし、それがクリアーできるなら・・・・・グランドキャニオンを制覇することができます。これは、グランドキャニオンの底を流れるコロラド川です。ここに立った感激は最高です。


 
グランドキャニオンの下まで下りる時間と体力がない場合でも、グランドキャニオンに数時間でも、数十分でも下ってみることを勧めます。
グランドキャニオンを上から眺めるのとは異なった見方ができます。


   




誰がこんなところに道を作ったのでしょう・・・・・最初にグランドキャニオンを下った人にはどんな理由があったのでしょう。
1メートルで125万年といわれる地層を見ながら下っていると、いろいろな想像が沸いてきます。








グランドキャニオンと甲乙付けがたいのが、ベトリファイド・フォーレスト国立公園です。
「ベトリファイド・フォーレスト」を直訳すれば「化石の森」。
それは、化石がたくさん溢れている森ではなく・・・・森全体が化石となった・・・ようなところです。

ア リ ゾ ナ 州

オールドツーソン  映画村だったところを、テーマパークにしたもの。

アメリカならではのテーマパークです。

モニュメントバレーは、ユタ州南部とアリゾナ州北部にまたがっています。

メテオクレーター (バリンジャークレーター)

      隕石でできた地球上のクレータ。
      火山の噴火ではなく、隕石によってできたものと発表したのがバリンジャーで、
      その名で呼ばれることもあります。

      直径が1.2Kmもあるので、普通のカメラでは、全体を写すことができません。

州の選択に戻ります

レストルーム(トイレ)25セント・・・・ではありません。

その昔は、一泊25セントだったのです。

何かの西部劇映画で見たことがあるような風景です。



チリカウワ国定記念物

いずれも、雨水の浸食で出来上がった、奇岩の谷です。

キャニオン デ シェリー 国定記念物


下の展望台に黒く見えるのが、人。
巨大なクレーターです。



アリゾナといえば、まずは、グランドキャニオンを挙げなければならないでしょう。



グランドキャニオンへ行くにはいくつかの方法がありますが、飛行機で訪れるのはお勧めしません。
上空からグランドキャニオンを見た後で、地上からグランドキャニオンを見ると、その感激は台無しです。
レンタカーではるばるやってきて、グランドキャニオンの淵に立てば、その感激は倍増します。
序曲も、前奏も、前ぶれも・・・・何も無しに、一気に目の前にグランドキャニオンを見たいものです。


砂漠博物館

動物は飼われていますが、
植物は自然のままです。

月のクレータに似ているので、ここで宇宙飛行士が訓練をした、
ということで、宇宙船が展示されています。


そして、モニュメントバレー(ユタ州の方向から

)。


アリゾナは自然に溢れた大地です。  これは、逆光でのモニュメントバレー