おおよその日程を立ててみたのだが、少々気になることが出てきた。
それは、西に向かって走るのがいいのかということ。

ルート66は、シカゴからロサンゼルス。
シカゴからロサンゼルスへ西に走ろうとも、ロサンゼルスからシカゴへ東に走ろうとも、
ルート66に変わりはないのだが、
ナットキングコールの「♪ ルート66」は、シカゴからロサンゼルスへ走るように歌われている。
なので、66歳を記念して走るなら、歌のどおりにルート66を西へ走るもの、と思っていた。

だが、西へ走るというのは、西日に向かって走るということだ。
24時間太陽が西にあるはずはなく、まっすぐ西へ向かうのでもないのだが、
コースのほとんどが、南西と西の間に向かって続くので、
ドライブの半分が逆光との戦いになると思われるのだ。

歌のとおりに走りたいとも思うし、
あえて逆光のコースを取ることはない、とも思う。

西日が強くなる前に宿に入る、という方法もあるが、
これだと、車を降りてから寝るまでの時間が長くなって、飲み過ぎと食べ過ぎになるだろうから、
この点からも、西に向かうのはよろしくない。

しかし、旅の終わりがシカゴというのも、これまたよろしくない。
暗くて重いシカゴのビルの谷間でゴールというのは、「♪ ルート66」に似合わないからだ。

などと書いていたら、注文していた本がアメリカから届いた。
ルート66のガイドブックなのだが、いずれも、シカゴスタートで書かれている。
・・・・さて、どうしたものか、である!

フレーム
アメリカを何回も走っているので、ルート
66を走ることに不安はないが、
全行程4000キロを一気に走るとなると、
体力的な不安が生じる。

何日間で走ればいいのか、
一日にどの位走るのがいいのか、
基本的な不安はこれだ。

そして、
単に走るだけでは飽きるだろう、
長期間になると食べ物にも飽きるだろう、
という、退屈の要素も見えてくる。


先ずは、
   4000キロを何日で走るか
              を決めることだ。





運転席から見たROUTE66  YouTube

トップ アイコン R66のトップページヘもどる

全行程は4000キロ ・ その計画と予習!

運転席から見たROUTE66  YouTube
運転席から見たROUTE66  YouTube

先ずは、シカゴからLAまでを、線で結び、日程を乗せてみた

どうせ走るなら、一気に、シカゴからL.A.までを走りたい。

そうすると、何日必要なのか。
ルート66の全体地図に地名を書き込んで、おおよその日程を書き込んでみた。
シカゴ1泊でスタートして、12泊目で、L.A.に到着する感じだ。

東のシカゴからと、西のL.A.から、適当に刻んでみたので、
9泊目と10泊目の距離が短くなった。
これを基礎として、修正を加えていくつもりだ。

全行程4000キロを、1日350キロずつ走るとすると、12日。
シカゴが1泊目なので、1日の行程はもう少し長くなるが、そんな計算だ。

ルート66は旧国道なので、全部が残っているわけではない。
どの程度走れるのか、そのデータは手元にない。

高速道路でつぶされたり、高速道路ができたために不用となったりして、ルート66と言えども、全線が昔のまま残ってはいない。

日程が固まったら、次は、旧道のデータ集めだ。

日本を出てから日本に戻るまでの17日間で飛行機を押さえた。

17日間ではあるが、往復の時間と予備日を除くと、実質13日というところだろう。
ルート66の全長、最初は2000マイルほどかと思ったのだが、
丁寧に走ると、2400マイルを超すようだ。
シカゴからロサンゼルスの2400マイル(約4000キロ)を13で割ると、
一日平均200マイル(320キロ)になる。

で、地図上に200マイルごとに印を付けてみたのだが、なぜか印の数が合わない。
何を勘違いしているのだろうと、何回も見直した結果、地図の縮尺が違うことが分かった。

同じ地図帳でも、ページが違うと縮尺が違い、
州別の一枚ものの地図も、同じ出版社の地図でありながら、州が違えば縮尺が違う。
日本の道路地図は、どこを開いても同じ縮尺だが、アメリカの地図は違うのだった。

下の画像は、一枚ものの州別地図、RAND McNALLYの縮尺表示。
上がニューメキシコ州で、下がカリフォルニア州。
地図上の1インチで、5マイル(8キロ)もの違いがある。

ルート66の一枚ものの地図を取り寄せてから、200マイルでの割り算をすることにした。


往復17日間の飛行機を押さえ、日程を考える!

シカゴからロサンゼルスへ行くと、2つの時間帯をまたぐことになる。
時間帯の差は、1時間ずつ。

つまり、西へ走ると、2時間のプラス、東へ走ると、2時間のマイナス。
差引、走る方向によって4時間の違いが生じることになる。

この4時間は、大きい。
なので、シカゴ発に決めた。

ルート66に関する本を読んでいると、必ず出てくるのが、映画「怒りの葡萄」だが、
映画の中に「ん、違うんじゃないの」という場面を見てしまった。
それは、映画に登場する地名とルート66の関係。

農地を棄ててカリフォルニアへ移動する一家が住んでいたのは、オクラホマ州サリソー。
そして、サリソーから西へ、ヘンリーエッタを通って、オクラホマシティへと走るのだが、
映画では、この間をルート66として描いているのだ。

ルート66に乗って、サリソーの町を出て、ルート66でヘンリーエッタを通るのだから、
ルート66を走ろうとする者にとって、この場面は貴重だ。
是非とも、映画の中に出てきた農村地帯をこの目で見てみたいと思い、場所を確認した。
だが、ルート66をなぞってみても、サリソー(Sallisaw)もヘンリエッタ(Henryetta)も出てこない。

地図のインデックスで検索すると、ルート66からは100キロ以上も南の町がサリソーだ。
映画に間違いはないだろうから、この道もルート66だったのかも知れない、と思い、
色々な地図をチェックし、ネットを検索するも、サリソーなどがルート66の町だとは出てこない。

広いアメリカのこと、100キロほどのズレは誤差の範囲、ということなのかもしれない。

サリソーとヘンリーエッタに寄り道しても、250Km位だろう。
寄ってみる価値はあると思う。

○印、 左がヘンリーエッタ  右が、サリソー


ルート66に関する本を読んでいると、必ず出てくるのが、映画「怒りの葡萄」。
ジョン・スタインベックの、同名の小説を映画化したもので、
1930年代に荒廃した農地を捨てて、オクラホマからカリフォルニアへおんぼろ車で移動するアメリカ難民を描く中で、
差別や法律、労働者の団結、などがテーマとなっている映画。

差別と民主主義の歴史のような映画が、なぜ、ルート66と関係があるのかというと、
オクラホマからカリフォルニアへ移動した道がルート66だからだ。

ルート66を走破しようとする者として、この映画を見ずしてルート66に立つことはできない、
ということで、図書館でDVDで借りてきた。

図書館のDVDなので、途中で止まったりするんじゃないかと思ったが、
何の問題もなく、最後までノンストップで観ることができた。
映画は1940年に作られたもので、画像はモノクロながらきれいだ。

出てくる出てくる、ルート66の道路標識も道路も、出てくる。
州境の標識も、荒れた大地も、豊かなカリフォルニアも、出てくる。
難民、貧富の差、暴力と弾圧、これも出てくる。

この映画の場面を頭に置きながら、ルート66を走ろうと思う。

20世紀フォックス ホームエンターテイメント DVDカバーから


基本的な、全行程の距離が何マイル(何キロ)あるのか,正確に分かっていない。
アバウト4千キロ、とは掴んでいるのだが、いまひとつ、正確な距離が分からない。

なので、「TRAVEL ATLAS Route 66 SCALE 1:1,840,000」なる地図を取り寄せた。
縮尺は小さいが、一枚の地図なら距離を測りやすいだろうと思ったからだ。
だがこれは、一枚の地図ではなかった。しかも、地図帳で、ページごとの縮尺が違う。


なので、Gooleの地図をプリントして、糊で貼って繋いだ。
全部で19枚。
19枚を繋ぎ終えた所で、気づいた。
全体の距離を測らずとも、この地図を基本的な日程12で折りたためば、一日に走るべき距離が出てくる。
ルート66は真っ直ぐ西に向かっているのではないが、当たらずとも遠からずの、
12分の1が出てくる。


ということで、12分の1の距離を計算すると、300キロ。
これを、12倍すると、3600キロという数字が出てきた。
ま、寄り道をするだろうし、現実には曲がりくねっているだろうから、
これが最低限の距離だとは思うが、現実味が増してきた。


とはいえ、日本の本州は、青森から山口まで1700キロ。往復して3400キロ。
これを12日で走るというは、きついのかも、とも思う


その一方で、午前中に150キロ、午後に150キロなら、楽に走れる、とも思う。



映画 怒りの葡萄

実際には、何マイルあるのか?

ルート66の地図を入手した

ROUTE 66 THE MOTHER ROAD  SCALE 1 : 1,840,000

最初に入手したのはこの地図。
縮尺が、1 : 1,840,000 と小さいが、一枚の地図なら全体の距離が測りやすいと思い、
アメリカから取り寄せた。

だが、縮尺がまちまちな上に、ルート66の表示がはっきりとしない。

また、なぜか、ルート66には関係のない、サンディエゴなどの地図がページを食っている。

なので、この地図の使用は“却下”。  時間とお金の無駄となった。

TOM SNYDER ROUTE 66   Traveler's Guide and Roadside Companion

二つ目は、

地図もある、ルート上の見どころの案内もある、というペーパバック型の本。

迷いそうな交差点は拡大してあり、一方通行も考慮した案内になっている。

しかし、なぜか、ページの右と左とで、地図の向きが違う。
いずれも本の中心を上としているので、地図を見る度に本の向きを変えなくてはならない。

運転中にこの本を見る事はないだろうが、かなり不便である。

EZ66 GUIDE FOR TRAVELERS   JERRY McCLEANAHAN

EZは、EASY(イージー)の略。
その略のように、、簡単で容易な内容になっている。

しかもリング綴じで開いたページを保持しやすい。
運転中にこの本を見る事はないだろうが、路肩に車を駐めて地図をチェックする時には便利だと思われる。

そして、この、ハイウエーと旧66号の表示がいい。
距離的感覚はアバウトだが、ハイウエーと旧道をしっかりと表している。
そして、車は走れない道は、「走れない」と書かれている。

本来のドライブマップは、これではないのかと思う。