5日目は、マイアマーからスタート

先ずは、車に食料を!  ルート上は大半がセルフ給油だった。

そして、TENT ROCKS へ。

日本の四国などにある土柱に似た地形だ。

なぜこれがテントなんだ? 運動会などで使うテントとは似ても似つかない・・・・
のだが、ここでは、インディアンのテントで、傘を半開きにした形がテントだ。

    ※インディアン・・・・今は、ネイティブ・アメリカンと言う

8日目は、アルバカーキからスタート

7日目はアマリロからスタート

食事の後はシャワー

運転席から見たROUTE66  YouTube

トップ アイコン ルート66のトップページヘもどる

サンタフェ鉄道は、合併を繰り返して、バーリントン・ノーザン・サンタフェ鉄道となり、
おなじみの機関車のロゴは、「BNSF」に変わりつつある。

9日目も、アルバカーキからスタート

スタートと言っても、今日は、骨休みと観光を兼ねて、NATIONAL MONUMENTへ

古代壁画のある遺跡。
アメリカ大陸の歴史に疎い者は。人の形だ~ 手の形だ~ で終わってしまう。

そして、ELK CITY の NATIONAL ROUTE66 MUSEUM へ、博物館の梯子

6日目は、クリントンからスタート

10日目のページに移動

5月上旬、午後8時。 ようやく日が沈む。

ここは、ニューメキシコ州のギャラップ。

ROUTE66を少し北に入ったところに、RED ROCK 州立公園がある

赤い岩といわれても、この辺はほとんどが赤い大地なので、驚くような場所ではない。

大陸分水嶺:ここに降った雨は、左は太平洋へ、右は大西洋へと流れる。

衛星放送によるラジオをON  ELVISチャンネルを探し当てた。

今日のお泊まりも、アルバカーキ。

そして、スーパーマーケットへ。

スーパマーケットは、食品売場と下着売場が・・・・日本と違って、見る価値がある。

左の赤いのはピーマン、その右は細長いサボテンと丸いサボテン、
その右下はトウガラシ、その上は見たことのない芋、その右はホオズキの大きいようなもの・・
その右がパプリカ・・・・

名前も食べ方も分からないものが並んでいる。


テントロックの近くにあるのが、リオグランデ川を直線的にせき止めた、COCHITI LAKE

右にあるのが、石を積み上げた突堤。
突堤の高さの割には水面が低いのはなぜなのか・・・・その辺のことは分からなかった。


ということで、ROUTE66のサンタフェ・ルートの一部を走って帰ってきた。

そして、夕食はこれ。

疲れたためか、食欲がなかった。

ビールを飲む元気はあったのだが・・・

今宵は、アルバカーキ泊まり。

看板のFREEの下にあるのは、

   HIGHSPEED
   BREAKFAST

朝食がハイスピードなのではない。
ハイスピードのインターネットがあり、
朝食付ということ。

サンタ・ロサの自動車ミュージアム。

高いものは高いが、200万円ほどで売られている、ピカピカのクラシックカーもある。
とはいえ、買って帰るワケにもいかない。

ブルースワロー・モーテル    一時は無人になって寂れてたそうだが、きれになって、泊まり客もいた。

なぜここがルート66の名所なのか・・・・・
他に、名所がないから・・・・というのが正解と分かるようなところ。

このMIDPOINTは、ここにある土産物屋兼食堂の経営者が勝手に決めたようだ。

これが、典型的な、アメリカン朝食。

イージーライダーのおっさん達も、
こうして、記念撮影!

ルート66の中間地点。

シカゴからも1139マイル
L.A.からも1139マイルの地点だという。

公式なものではなく、最初に名乗りを上げた者勝ち、

という感じ。

キャデラック・ランチ  畑の中に車(キャデラック)を10台差し込んだ芸術!

最初は、単にキャデラックを差し込んだだけだったが、次第に、観光客がペイントを施すようになったという。
今は、ペンキの厚さが5センチ以上ある。

アマリロの中心部の道路は、煉瓦敷き。

おそらく、この辺が、旧市街地なのだろう。

メカニックなシャワーだと思ったら、単に、シャワーの勢いを変えるレバーだった。

今宵はアマリロ泊まり。  レストランが近くにあるモーテル・・・・ということで宿を取った。

だが、HAYASHIという日本食屋と、その向こうはKUSHI-YAKI屋だった。

HAYASHIの焼き鳥は、ネギでなくて、ピーマン。
しかも、甘いタレがべったりと乗っている。

CONOCOのガソリンスタンド。

今は営業しておらず、店内に少しばかりの展示物と土産物があるだけ。

観光客が少ないので、寂れていくのだろう。

そして、テキサス州へ

静かな州境。 蒼い空に白い雲・・・・テキサスだ!

アメリカの博物館は、たいていの所が撮影可。 こうして、振り返って、見直すことができる。

これは、1957年製の、綿摘み機械。
1957年は、昭和32年。 東京に小豆色の省線が走り、トイレのくみ取りを人力で行っていた時代だ。

スタートと言っても、モーテルの向かい側が、ROUTE66 MUSEUM

道路を横断して、駐車場へGO!

どの部屋にELVISが泊まったの?   という質問には、

どこの部屋と限定しない方が幸せだと思う  ・・・・  という答えが帰ってきた。

Trade Winds Courtyard Inn   EIVISが新婚旅行で泊まったモーテルだという。
ELVISも、このような埃っぽい町に旅行に来たものだ・・・

ROUND BARN (丸い納屋)   1階は土産物売場   2階は集会所 になっている。

入場料は無料。  寄付は募っている。

曇り空ではない。 砂嵐だ。
映画「怒りの葡萄」にあった砂嵐のようで、先が曇って見通しが悪い。

左から右へ、強い風が日常的に吹いているようで、海岸の松林のように、傾いている。

昔ながらの、鉄橋。
鉄橋と言っても、鉄道の橋ではない。
鉄で作られた、道路の橋である。

マイアマー郊外の、9フィート道路。
その昔、予算の関係で、9フィートしか舗装ができなかったため、中央部分のみを舗装したという。

片側だけでなく、中央というのが、アメリカ的考えなのだろう。