そして、16日目は帰国

フレーム

Homer
Ibex

Bristol

レンタカーを返したら、旅は終わりのようなもの。

ビールで旅の無事とROUTE66の完走を祝して、乾杯!!

13日間の疲れを癒すため、LAの港近くのホテルに宿をとる。     サンライズ・ホテル

交差点の近くには、この案内板がある。   WEST END of ROUTE 66

イリノイからカリフォルニアへ、ROUTE66を走ってきたが、ROUTE66に理解を示しているのは、カリフォルニアではないかと思う。
モーテルの壁にも、この表示がある。

13日目は、バーストーから ゴールまで

どれだけの人が映画を知っているのか、分からないが、

大型バスで観光客が来ていた。

他に見る所が無い、ということでもある。

映画に出てきた、ピアノも置かれている。

映画、バグダッド・カフェの舞台になった、BAGDAD CAFE

映画と同じような、やる気があるのかどうか分からない従業員がいた。

アンボイにあるクレーター。
隕石でできたのでなく、火山の噴火によってできたクレーターである。

AMBOY

CADIZ

DANBY

ESSEX

ホテルには聖書が置かれている。

必要なら持ち歩いたら・・・と思うのだが、なぜか、ある。

TVのチャンネルを回していたら、通販があった。

これは何ですか・・・・・・・
(日本でも、TVショッピングで売られているのだろうか?)

給油所の、古いガソリンポンプ。

現役で動いている。

ROUTE66のロゴが嬉しい!

途中で、クラシックカー愛好者のパレードに出会った。

車好きの、車見せたがり屋の、お祭りとパレードだ。 

11日目は、フラグスタッフ西からスタート

トイレの個室のドアは、下が開いている。

足まで隠す必要は無い、という考えと、
防犯が目的なのであろう。

自動販売機は、鉄格子の中。


これも、防犯のため。

自販機ごと、盗まれるから・・・のようだ。

地図に載っている、ゴーストタウン跡。

町の名は、TWIN ARROWS

誰が立てたのか、二本の矢が立てられているだけの
ゴーストタウン跡である。

鉄道を敷設して、駅の名称を付ける時、西からABCDE・・・と並べたという。

町がある所に駅を作るのでなく、何も無い所に駅を作ったから、アルファベット順にした。
実にアメリカらしい地名のでき方だと思う。

Fenner

運転席から見たROUTE66  YouTube

トップ アイコン ルート66のトップページヘもどる

12日目は、ニードルスから

オートマンの町には、野生のロバが多数いる。

餌を与えないで、とは書かれているが、こうして人懐っこいと、餌を上げたくなる。

アリゾナ州に入ると、インターステーツ40号を走るようになる。

そこで、PAINTED DESERT と、PETRIFIED FOREST 国立公園を通ることにした。

ペトリファイド国立公園は、立木その物が化石となった“森”。
なぜ、このような化石ができるのか・・・長い年月を感じさせる場所となっている。

駅の待合室兼、土産物売場にあった張り紙。

Firearm とは・・・ 小火器だが、絵を見れば、拳銃のことである。

冗談でなく、持込厳禁ということ。

10日目は、ギャラップ(NM)からスタート

機内では、懐かしい日本食。

やぱり、日本人なのである。

予定より早くゴールできたので、LAの港で、2日間のんびりとして、海産物を食べた。

ROUTE 66 は、別名、ウィル・ロジャース・ハイウェイと呼ばれている。

ウィル・ロジャースは、オクラホマ州生まれの、サイレントとトーキーの時代を跨ぐ名優。

ROUTE66のゴールは、この交差点。  正面向こうから、この交差点で、END。

今宵の宿は、バーストー    アメリカン・ベスト・バリュー

銀色のキャンピングカーも映画にあった。

GOFFS

今宵の宿は、ニードルス    デイズイン

右端に写っているのは・・・誰?  あの子か??

その一方で、電気自動車のための給電所がある。

日本でもそうだが、なぜか、無料である。

ウイリアムスは鉄道駅の町。

ここから、グランドキャニオンへ行く汽車が出ている。

車も土埃を被って、色が変わっている。 これが、日干し煉瓦の原料のようだ。

ベルモントの町を出ると、未舗装のルート66になる。

思いのほか、走りやすい。  雨の後はどうか分からないが。

今宵の宿は、フラッグスタッフ西のベルモント   モーテル6

浴室のカーテンを、バスタブの手摺りにまとめて通してあった。
なかなかのアイディアである。

インディアンのテントを模したモーテル。

このようなモーテルが見どころになる・・・
という、何も無いところ・・・・

同じように、インディアングッズの土産物店。

これは、その看板だが、この看板がルート66
の名物となるほどの・・・何も無いところ。